中古車でトラックを購入することの魅力

自動車を利用して何らかのものを搬送する事業を展開しておれば、トラックが必要となることがあります。車両購入費は経営コストの中で非常に高いウェイトを占めます。とくに、車両が大型となったり、架装された車両であれば費用は大きくなるでしょう。荷台がジュラルミンケースの架装やガルウイング、冷凍車などの架装がしてある場合、1000万円以上の購入価格となることもあります。複数の車両を保有する事業所の場合、設備投資費は莫大となるでしょう。車両購入コストの圧縮を図るためには中古で購入することが良いでしょう。中古車は新車に比べて車両価格が低く、経営コストを大きく削減し、費用対効果を高めます。ここからは中古車導入についての様々なメリットを紹介してゆきます。

中古と新車の違い メリットとデメリットとは?

トラック以外の車両でも同様ですが、新車のメリットは高いメーカー保証が付いており、使用歴がなく、コンディションが良いというメリットがあります。しかし車両が中古となると使用歴があり、耐久性への懸念が出ます。ただ、新車に対して価格が低いという点が購入コストへのメリットを高めるため、程度の良い車両であればメリットもあるでしょう。そこで問題となるのは耐久性です。業者によっては需要の高さに乗じて程度の悪い車を高く売る業者もあります。ディーラー系の中古トラック専門店舗や大型自動車や特殊車を専門的に販売する業者で購入すると保証やアフターサービスが安心できます。価格的にお値打ちに購入する場合は、地域密着の修理業者などにオークション購入してもらう方法もあります。修理業者であれば、仕入れ時に自動車のコンディションを見極めることが出来ます。

早期でコストを回収し収益性を高める

自動車の購入費用は、経営コストとして非常に大きなウエイトを占めます。企業は設備投資として車両を導入するのですが、メンテナンスや燃料、税金などのランニングコストもかかります。新車は初期の設備投資費負担が大きく、燃料価格が高騰した場合、非常に痛手となります。中古車の場合、新車に比べて大きな購入コストの削減となるため、早期で設備投資費の回収が出来、収益率にも大きく影響を及ぼします。新車価格が高い車両であればなおさらでしょう。お値打ちな購入をするためには、複数の業者の在庫を比較して、価格や条件を競り合わせると良いでしょう。業者は仕入れ価格にある程度の利益を付加して車両を販売しています。購入の意思がある人であれば値引き交渉を強気でしても、在庫化を避ける側面から交渉に応じる可能性が高いです。